給与計算のアウトソーシングとは

給与計算をアウトソーシングする

どんな会社でも給与計算業務は毎月発生しますが、中小規模の会社が給与計算業務を行うための時間や労力を毎月確保するのは大変です。

そのため、近年多くの企業では業務代行会社に給与計算業務を依頼(アウトソーシング)されています。

アウトソーシングすることにより、企業は本業にかける時間や労力を増やせるわけです。

特に自社で総務や人事部がない場合はアウトソーシングした方が安く済む場合があります。

またこのような仕事を派遣で雇えば、いつ辞められるかわからないのでかえって不安定になってしまうこともあります。

コスト削減という意味でも給与計算のアウトソーシングは有意義といえるでしょう。

実際、給与計算を専門に行っている社員の給与と、アウトソーシングの料金を比較すると後者の方が非常に安かった!という声も多く聞きます。

給与計算業務は毎月コストがかかりますので、アウトソーシングしたほうが手早く効率的にコスト削減ができます。

自社で行う場合には、システムの導入や人材の確保が不可欠となります。また一番ネックになるのは、労働や社会保険制度が都度改正されるということです。

アウトソーシングしていれば、常に新しい法律の下で最新の給与計算や情報、形態が手に入いります。

給与計算を効率化する方法

給与計算を効率化する方法は大きく分けて2つあります。

①給与計算ソフト

給与計算ソフトとは、企業の情報や従業員の情報などをあらかじめ入力しておけば、自動で給与計算・給与明細書の作成・年末調整までをおこなうことができるソフトのことです。

製品によっては勤怠管理システムや人事システムなどと連携することができ、残業や有休取得などの勤怠データや昇給などの情報も自動で反映し、給与計算をおこなってくれます。

また、給与計算ソフトはインストール型とクラウド型が分けらます。

クラウド型の方が、インストール型よりも更新料や再購入費なしでバージョンアップが可能など、より多くのメリットがあります。

②給与計算代行・アウトソーシングサービス

給与計算代行・アウトソーシングサービスとは、従業員の給与計算業務や年末調整などに関す作業を外部に委託できるサービスです。

給与計算代行は、専門性が高く細かい作業の多い給与計算業務をそのまま代行してもらえるため、担当者の負担や人的コストを削減でき、大幅な業務効率化を図ることができます。

一般的に「給与計算業務」には毎月の給与計算、賞与計算、住民税徴収額更新などが含まれます。

専門的ながら非生産的な「給与計算業務」を外部に委託することで、コストを削減し、自社のリソースをより中心的な業務に集約することを目的とします。

代行会社においては、多数の顧客から同一業務を集中的に受託することで効率が上がりコスト削減が実現します。

英語圏では給与計算業務を「ペイロール(payroll)」と呼ぶため、日本においても給与計算アウトソーシングを「ペイロールアウトソーシング」と記載する場合があります。