給与計算代行・アウトソーシングで頼める業務は?

給与計算代行の委託先とは

一般的に、給与計算のアウトソーシング先は以下の3つがあります。

  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 給与計算代行会社

それぞれに依頼する依頼する場合どのような違いがあるのでしょうか。

税理士に依頼する場合

働いている従業員の人数が10人以下など、小規模な会社であれば税理士に依頼するのが一般的になります。

また、税務調査の際に、給与計算は必ずチェックされますので、そういった観点からも税理士はアドバイスをくれる場合もあります。

小規模な会社はだいたい税理士と顧問契約を結んでいるので、顧問税理士であれば給与計算も顧問料の範囲内で行なってくれる場合もありますので確認してみましょう。

税理士に依頼するメリット
税務調査の観点からも給与計算の処理をしてくれる
年末調整処理も一括で行ってくれる
税務関係のまとめて依頼することにより費用が安くなる場合がある
税務関係の相談にも乗ってくれる

社会保険労務士に依頼する場合

社会保険や労働保険など、保険の手続について専門的におこなっているのが社会保険労務士ですが、働いている従業員の人数が20人以上になってくると、給与に含まれる残業代や保険料の計算等が複雑になってきます。

なので専門的な対応が可能になる社会保険労務士に依頼することをお勧めします。

社会保険料の計算や、労働時間の計算については給与計算において間違いが発生しやすいので、社会保険労務士のほうがより安心して依頼出来ます。

社会保険労務士に依頼するメリット
保険料関係まで正確に処理してくれる
法改正などの情報を確実に知らせてくれる
労務トラブルを防いでくれる
社会保険料削減の提案をしてくれる

税務関係の相談にも乗ってくれる

給与計算代行会社に依頼する場合

ああああ

このように、どちらの専門家に依頼するのかは会社の規模や求めているものによって異なってきますし、それぞれにメリットもあります。

一概にどちらが良いと結論を出すことはできませんので、自社が何を求めているか明確にしてからどちらに依頼するか決めましょう。

業務委託先に頼めることは主に3つ

給与計算は、毎月のお給料の計算・支払いから、年末調整、住民税の計算まで、1年を通してさまざまな業務があります。アウトソーシング・サービスでは、そのどこまでをやってもらえるのでしょうか。
業務委託先に頼めることは主に以下の3つです。

①給与計算代行

給与計算代行は、給与計算業務を委託先に委託することです。
毎月の給与計算に必要な勤怠データを、CSVファイルなどのデータや紙のタイムカードから集計し、給与計算を代行するものです。
毎月金額が変動的となり計算が必要な、残業代や社会保険料、雇用保険料、所得税、住民税の計算を行い、給与明細を作成してもらえます。
また、明細書を印刷、封入、郵送など、明細発行関連業務、さらに給与の振込や納税代行を請け負う委託先もあります。

②年末調整代行

給与計算の中でも、毎年の年末に限られる年末調整を外部に委託するアウトソーシング・サービスです。
企業の中では、普段給与計算代行を依頼していない場合でも、期間限定で年末調整のみ依頼するケースもあります。
年末調整代行を請け負う委託先は、基本的に税理士事務所のみとなっています。
これは、年末調整の代行業務は、税理士の独占業務の一つとなっているからです。
控除申告書類の封入・送付や申告書の内容チェック、従業員からの問い合わせ対応、源泉徴収票や支払報告書、法定調書合計表などの各種必要書類の作成と提出代行などが含まれることが多いようです。

③住民税更新代行

住民税の更新は毎月5月~6月に発生するため、年末調整と同様に業務の実施時期が限られています。
地方税である住民税は、市区町村とのやり取りのなかで特別徴収額通知書などの紙媒体を大量に扱う必要があります。
インターネットの対応が遅れている市区町村も多く、さらに時間的なコストが掛かってしまうのです。
そのため、給与・賞与の計算は自社で行っていても、時期が限られた住民税更新だけはアウトソーシングする企業も多くあります。
 
上記のように、委託先に依頼できる内容は3つに大別できます。
給与計算代行・アウトソーシングで、どのレベルまで外部に委託するかは企業の考え方や、コスト意識によってさまざまです。
また、給与計算代行会社は給与計算だけでなく、人事業務全てを代行することが可能な代行会社もあります。
場合によっては、給与計算代行だけでなく、タイムカードのデータ化や残業時間・有給休暇の計算などの「勤怠管理」、社会保険・労働保険の加入・脱退の手続きまでトータルで外注してしまう場合もあります。